管理職が人材を育成する方法

エンジニアの管理職には目標設定を求められる場合がある。その理由の1つとして会社の目標を達成するために社員の方向性を統一することが挙げられる。この社員の方向性を統一することは重要な行いであるが、それよりも重要な理由がある。それが会社に貢献してくれる人材を育成することだ。IT系の企業は人材不足に陥っている傾向にある。そのため人材の育成は必要事項になっている。会社に利益をもたらしてくれる社員を育てるのは難しい。人が育つためには本人の意識が大きく影響するからだ。つまり良い人材を育成するためには期待されていることや会社が育てようとしていることを意識させなければならない。その意識させるという目的を果たしてくれるのが目標の設定になる。明確な目標があることで人はその目標を達成しようと努力する傾向が強い。その特徴を活かしていくというわけだ。

しかし、入社してくる社員の中には自分で目標を設定できない人や目標を設定するのは良いものの設定した目標が高すぎて挫折する人もいるだろう。そうした人の手助けをするためには管理職の役割が重要になってくる。上手く目標を設定できない人には管理職の立場にいる人が目標を設定してあげるのが良いだろう。目標を与えられれば達成しようという意識が芽生える可能性は高い。また自分の管理下にある社員に上司が自ら目標を設定してあげることで、目標を達成する過程で苦戦していればアドバイスを出しやすくなるため、育成を行いやすいはずである。

Leave a Reply