キャリアアップのために勉強する苦労

向上心を持って仕事をするには、何らかの目標を掲げた方が良い。仕事の目的があれば多少は厳しい局面があったとしても乗り越えられる。情報通信の業界で働くエンジニアが目標設定するなら、キャリアパスを考えるという手がある。プログラマーの場合、例えばシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーといったキャリアパスを描くことができる。もしこれらの上のキャリアに就くことができれば、職場で与えられる権限が大きくなり仕事のやりがいが格段にアップする。ただしキャリアアップは簡単ではなく苦労は多いのも事実ではある。本来の仕事を続けながらも、キャリアアップのための勉強を継続させなければならないのは負担が大きい。そこで限られた時間を有効に活用するよう、スケジュール管理を綿密に行う必要が出てくる。キャリアアップを安易に考えてこれまでのように時間を無駄にしていると、目標設定どおりのキャリアにたどり着くことは到底できない。

そこでポイントとなるのは隙間の時間であり、これまでは見逃していた短い時間をいかに活用するかがキャリアアップ成功の鍵を握っている。例えば仕事の合間にある隙間の時間に注目できる。空いた時間でいつでも教材に目を通すことができるよう工夫すると、キャリアアップに役立つ勉強が続けられる。このように苦労してキャリアアップすることのリターンは大きく、将来は多少苦労してでもこれまで頑張ってきて良かったと思えるようになる。

Leave a Reply